【OBS Studioで子供のスポーツ配信】ウィンドウキャプチャー機能とエクセルを組み合わせて得点板を付けてみた。

閑話休題

懲りもせず専業とは無関係なライブ配信の話です。

感染避けてお家で観戦

子供たちの試合を無観客にしたところで、感染がどれほど減らせるのか定かではありませんが、やはり学校としても苦しいところなんでしょう。

そう言いつつも、配信をしているうちにこれはこれで良いこともたくさん有ると気付かされます。

遠くのおじいちゃん、おばあちゃんも応援できるし。

仕事で見に来れないお父さんお母さんも、休憩時間にこっそり観戦したりして。

だんだん、定着してきて、止めるわけにはいかない空気が。

やっぱり得点がわからないと応援しづらい

配信を見る人からすれば、子供の試合は見たいけど、仕事を放ったらかしてずっと見ているわけにもいかない。

仕事の合間に見るとなると「今何対何なの?」となる。

ある程度大きい大会なら得点板が映るように配信すれば良いのだけれど、小さい会場の場合や、カメラの設置場所によってそれができない事が多い。

なんかいい方法はないか?

配信画像のすみに得点を入れ込む方法は無いか?

一番簡単なのはテキストの挿入

テロップをいれるのと同じように、得点を入れる。

これが一番簡単。

なんの準備もいらないし、ソースでテキストを選択するだけ。

〇〇チーム 1 0 1 0 0
△△チーム 0 0 2 0 1

と、こんな感じに入れればとりあえずはokだ。

得点以外でも、なにか突発的に配信画面に文字をいれる必要があればこれが一番手っ取り早い。

更に、もう少しかっこよく入れる方法が無いかと模索してみた。

専用ソフトもあるみたいだけど。

ちょうどいいものが絶対あるはずだと、探して見たけど、なかなかちょうどいいものが見つからない。

どれもこれも「帯に短し襷(タスキ)に長し」だ。

ひとつ、なかなか良さげだったのがLive Scoreと言うソフト。

Open Broadcaster Software with Live Score | live-score-app.com
In this tutorial, you will learn how to use Live Score with Open Broadcaster Software by using the local Window Capturing to integrate Live Score.

最初はOBS Studioのプラグインのようなものかと思ったけどどうやら違う。

これは、パソコンにインストールするソフト。

得点を画面に配信画面に載せる事ができるらしい。

しかも概ね無料。

デザインもメジャーリーグっぽくてカッコいい。

野球以外にも色々なスポーツに対応している。

ここまで聞くと最高なんだけど、難点はちょっとわかりにくいこと。

と言うか今でもあまりよくわからない。

表示させる仕組みは簡単だった。

細かいことはわからないんだけど、結局そのソフトをつかって表示させる得点板をつくるもので、最終的にそれを表示させるのはOBSの標準の機能でウィンドウキャプチャーとクロマキーの技術を使う事がわかった。

それならエクセルで良くない?

そう、それなら結局エクセルで良いのだ。

好きなデザインをエクセルで作って、切り抜いて配信画面の端に表示させれば良いのだ。

簡単だしデザインも自由に作れる。

私の場合は途中の得点も入れたかったのでこんな風にした。

何対何かだけ分かれば良いのなら、そう言うものを作っても良いし、もっとかっこいいものを作ればそれはそれで楽しい。

【注意点】ポインタも配信されちゃうから入力は別のセルに

このウィンドウキャプチャーを使うときの注意点として、ポインターも配信画面に出てしまうことに気をつけよう。

得点板の上をマウスポインターが通過すると矢印が映ってしまう。

まあ、そのくらい気にしなければそれでも良いが、私の場合は入力セルを別のところにして、配信されるセルはそこを参照するようにしている。

ウィンドウキャプチャーとは?

OBS Studioのウィンドウキャプチャーと言う機能は、立ち上げているアプリケーションを配信する機能。

ソースのひとつだ。

パソコンの画面に表示されているものであれば、アプリケーションでもブラウザでもなんでも簡単に配信できる。

まず、ソースでウィンドウキャプチャーを選択する。

その後に、エクセルを選択する。

すると、選択したものが画面上に現れるので位置とサイズを決める。

プレビューウィンドウに現れたエクセルの四隅をマウスでつまんで動かせば大きさが変えられる。

また、altキーを押しながら同じようにすればトリミングすることができる。

クロマキーとは?

ソースごとに付けられうフィルターの一種。

最近Zoomなどでポピュラーになった背景抜きだ。

ズーム会議などで背景を好きな写真にするときに使われる事で有名になった。

要するに、指定した色を透明にする事ができる。

グリーンバックと称して緑色を抜く事が多いようだ。

まず、選択したウィンドウキャプチャーのところで右クリックをするとメニューが出てくるのでフィルターを選択する。

フィルターを選択するメニューでクロマキーを選択する。

「色キーの種類」で選んだ色が透明化する。初期設定は緑色が選択されている。

得点板が緑の場合は色キーを別な色にする。そうしないと・・得点板が透明になってしまう。

これでOK

でも、クロマキーについては、もしよくわからないなと思ったら、トリミングだけでも出来るのでご自由にどうぞ。

クロマキーを使わないでやるなら、得点板ぎりぎりまでトリミングしてしまえば良い。

 

コメント

  1. […] 【OBS Studioで子供のスポーツ配信】ウィンドウキャプチャー機能とエクセル… […]

タイトルとURLをコピーしました